INFORMATION-お知らせ-

2018年09月11日

「お互い様」

ブログ

たった2日間、そう「たった」2日、電気が付かないだけで
人はあんなに不安になる。未だ断水している所や避難所で
生活している人達が居るというのに自分は何て弱いんだと
反省しております・・・
しかしながら、かなり凹んだのも事実・・・

何となく前向きになれない・・・でも、今回の地震で少し
だけ変化がありました。

同じ町内の全く話した事のない方と営業しているコンビニ
やガソリンスタンドの情報交換をしたり、信号のない交差点
でお互いに道を譲りあったり。

ガソリンタンドもスーパーもあれだけ並んでいても不思議と
イライラしてる人は少なかった気がします。
もしかしたら「不安」という感情で繋がっていたのかも
しれません。

災害の大きさや事態の深刻さを比較する事は無意味かも
しれません。でも今回、運良く無事だった我々はまだまだ
余力があるはずです。

二ュースで「あつま」という名前を聞いてすぐに「厚真
ジンギスカン」を思い出しました。10数年前に知り合い
から地元の土産として貰って、その後も札幌の支店で
よく買って食べてます。(大変だとは思いますがやめない
で下さい、必ずまた買います)

交差点で誘導してた警察官さん、救助にあたっている自衛隊
の皆さん、立ちっぱなしで給油を続けるガソリンスタンドの
従業員さん、電卓で会計するレジ係の方・・・

でも家に帰れば(帰ってないかもしれない)同じ。断水してる
かも、停電かも、知り合いが被害に遭ってるかもしれない・・・
「困った時はお互い様」この言葉がこれほど身に染みた事は
ありません。

自分も同じ立場に立って分かる不安な気持ち、何となく
照れて「助け合い」と言えなかった人も(自分もです)
確実に変われると思いました。(恥ずかしい・・・)

あの夜、突然部屋に明かりが灯った瞬間、忘れられません・・・

たった2日間なのに・・・ヘタレですね

 

お知らせ一覧へ